HGUC PMX-003 ジ・O





「神の意思」を名に持つMS。
初めて発売当日に買ったガンプラです。
学校が終わってからすぐに模型屋に駆け込んだらまだ入荷していなくて、
一日で二回も足を運ぶ羽目になってしまったんですよね…懐かしいです。


  


背景を黒にして撮ると変な色になるので今回の背景は白で。
木星の重力をものともしない重MSのボリュームは迫力です。
色分けもほぼ設定どおりですが、全身のバーニアのグリーンは要塗装。





モノアイはシールではなく、裏からピンクのパーツをはめ込む方式。
体はこれだけ大きいのに頭部は普通のMSとあまり変わらないんですよね。


 


脚部のパイプは一応可動と連動。
装甲の隙間からパイプが見えるのが地味にかっこいいです。








ビームライフル
威力は他のビームライフルとは段違いの高出力、ジ・Oでしか扱えません。
ジ・Oが持つ射撃武器はこれのみ。バルカンすらない、ガンダム以上のシンプルさです。
小説版の全身ビーム兵器の塊のジ・Oとは真逆。





「貴様はもう、消えていい!」
TV版の「貴様のようなNTのなり損ないは〜」に比べてかなりキツいですね。





首はここまで上げることができます。





足の裏にはバーニアがあった方がよかったかなとも思えるのですが。





ビームサーベル
1/100並みのサイズ。
色は黄色ですが、原作ではピンクのときもあったり。





サブ・マニピュレーター
通称隠し腕です。
もちろんサーベル保持可能。





こんなのに襲われたら泣くしかありません…





4本のサーベルをフルに使っての格闘戦は鬼。





コロニーレーザー内での戦闘の新作シーンは美しいの一言。





全身のバーニアとバイオセンサーで、見た目とは裏腹に可変MSとも互角の機動性を得たジ・Oですが、
そのバイオセンサーが仇となって「ジ・O、動けジ・O!なぜ動かん!?」に陥ってしまいました。





「私の赤色十文字の光をトレースしろと伝えろ」
すごくかっこよかったのはいいのですが、
結局ティターンズ艦隊がコロニーレーザーの餌食になってしまったら意味ないですよ…
というわけでHGUC ジ・Oでした。



〜amazon〜



HGUC ジ・O




TOP